運動指導者の祭典|ベストブレインウエルネスアワード
運動指導者の祭典 | ベストブレインウエルネスアワード
一般観覧募集/通常受付:2017年9月25日(月)~11月15日(水)
一般観覧募集/通常受付
 
 

開催趣意・概要

開催趣意・概要

なぜベストブレイン・ウエルネスアワードなのか

なぜベストブレイン・ウエルネスアワードなのか

これからの日本社会に必要な仕事の中で、'健康'は最も必要とされている分野の1つです。

このような中、自身でもトレーニングを積み、時代の変化の中で学び、そして現場で指導を重ね、現状を最も実感(把握)しているのが運動指導者です。

時代の変化と需要により、運動指導者は自身の専門的なスキルに加え、現場での知識や経験を通して、最も社会貢献ができる仕事の1つとして発展していくでしょう。また、どのように取り組むかにより、仕事を請け負い数をこなすことにとどまるのか、運動指導を1つの確立した事業と捉え、新しい価値を自ら創造し、また社会の中で多くのパートナーシップを結び総合的に発展していくのか、今後はさらに大きな差が出て来るでしょう。

一般的に、これまでの運動指導者は「専門技術(職人)=プロフェッショナル」という位置付けになっている場合が多く見受けられます。ですが、今後は運動指導の事業と捉え、「専門技術(職人)+経営(情熱+数字)=プロフェッショナル」という在り方が、時代のニーズに応え、かつ運動指導者の社会的地位を向上させることにも繋がっていくでしょう。

一人でも多くのプロフェッショナルが生まれ、社会に貢献しながら事業として発展できる運動指導者の新しい在り方を共有するための一歩として、ベストブレイン・ウェルネスアワードを開催いたします。

ベストブレイン・ウエルネスアワードが目指すもの

ベストブレイン・ウエルネスアワードが目指すもの

世の中、好きなことで仕事ができる人は多くはいないと言われています。しかし、好きな事を高めながら、事業として成り立たせることができたらどうでしょうか。専門性を生かしながら、「価値の提供」に成長させ、世の中の役に立つ未来。そのためには、さらに事業として未来を創るためのアイデアと実行力が必要です。

健康未来を創るために、自分の専門性を多方面で生かしながら、事業として未来をつくるアイデアと実行力を持ち活動している次世代のリーダーを育成し、また発掘することを目的としています。

一次審査結果発表

一次審査通過者

一次審査[書類審査]が行われ、厳正な審査の結果30名の一次通過者が決定致しました。
一次審査結果を各エントリー者にメール致しました。

エントリー数137名のご応募を頂きました。
沢山のご応募ありがとうございます。

10月23日の二次審査で10名がファイナルに選出されます。

 

当日詳細・観覧予約

当日詳細・観覧予約

当日詳細

開催日 2017年11月23日(木) 13時00分~18時00分 ※予定(12時30分開場)
開催場所 レジェンドホール
愛知県名古屋市中区大須1-7-26
観覧者定員 150名

開催日

2017年11月23日(木)
13時00分~18時00分 ※予定(12時30分開場)

開催場所

レジェンドホール
愛知県名古屋市中区大須1-7-26

観覧者定員

150名

来場費(ファイナルの公開審査を観覧される方)

超早割価格 9/1~9/10 3,240円(税込) 受付終了しました
早割価格 9/11~9/24 5,400円(税込) 受付終了しました
通常価格 9/25~11/15 6,480円(税込)
学生価格 9/11~
※限定30名に達しましたら締切り致します
3,240円(税込)

超早割価格 9/1~9/10
3,240円(税込) 受付終了しました
早割価格 9/11~9/24
5,400円(税込) 受付終了しました
通常価格 9/25~11/15
6,480円(税込)
学生価格 9/11~
※限定30名に達しましたら締切り致します
3,240円(税込)

定員150名(定員に達しましたらキャンセル待ちになりますので早めの申込みをお勧めします)

↓当日観覧をご希望される方は下記予約フォームより、【申し込み手順】に従って送信ください↓

一般観覧予約はこちらから
学生観覧予約はこちらから
【申し込み手順】
【カートに入れる】※数量1 を選択
【ゲストとして購入】を選択
お名前、住所等記入欄に従って入力下さい。
備考欄にご職業(下記より選択)を記入下さい。
<学生・会社員・トレーナー・インストラクター(フィットネス・ヨガ・ピラティス・他グループ指導者)・ボディーワーカー・セラピスト・理学療法士・整体師・柔道整復師・鍼灸師・栄養士・その他>
決済方法を選択(クレジット、コンビニ決済、銀行振り込み)
※【利用規約に同意してPAY IDに登録】の チェックは外してください。
【購入確定】を選択
申し込み完了。(確認画面の表示)
 

募集要項

募集要項

下記はエントリー者の募集要項となります。※エントリー受付は終了致しました。
当日観覧をご希望の方は【当日詳細・観覧予約】の欄より詳細を確認して頂き、入力フォームよりご予約ください。

対象者(ビジネスモデルの発表)

・今後、運動指導をする予定の方(学生・社会人)
・現在、運動指導されている方(個人・法人所属)

トレーナー
インストラクター(フィットネス・ヨガ・ピラティス・他グループ指導者)
ボディーワーカー
セラピスト
理学療法士
整体師
柔道整復師
鍼灸師
栄養士

エントリー部門

1.学生部門

今後、何らかのカタチで健康未来に貢献していきたいと考えている学生の方
※運動指導者以外でもOK

2.チャレンジ部門

ビジネスモデルに自信はないけど、健康未来の為に少しでも役に立ちたいと思っている方

3.ベストブレイン部門

健康未来を創るためのビジネスモデルを考えた方

応募可能なビジネスモデルについて

1.
現在事業として着手している
2.
今後事業化していきたいと考えている
3.
まだアイデア段階である

6つの審査基準

1.
事業としての発展性がある
2.
独自の価値と魅力がある
3.
周りをワクワクさせる
4.
社会的な貢献度がある
5.
本気である
6.
実現可能である
 

エントリーする事での5つのベネフィット

エントリーする事での5つのベネフィット

1.自分のビジネスプランを客観的に検証できる

類似した事業を行っている他社と比べ、どんな部分にオリジナリティがあり強みがあるのかを見直せます。
今まで気付かなかったアピールポイントの発見にもつながります。

2.人脈ネットワークが広がる

ビジネスはネットワークがとても重要です。この企画を通して知り合う企業やビジネスマンとのネットワークが豊富です。また、審査員や交流会などを通じて、新たな人脈を築くことができます。

3.信頼度を高める事ができる

受賞された際は、「受賞歴」を自身の商品PRにご活用ください。ビジネスの将来性、可能性を専門家が様々な角度から審査し、選出しているコンテストであるため、信頼度アップにつながります。受賞者は、プロフィール等に記載すれば信頼度が高まります。

4.受賞者は、積極的にPRをさせて頂きます

受賞者は、自社メディアで積極的にPRします。新聞や雑誌、TV等にてあなたの取り組みが紹介され、グッドチャンスが訪れるかもしれません。

5.企業との接点が出来、出資・依頼・コラボといった様々な発展に繋がるきっかけになります

一人で事業を成長させるのは困難ですが、仲間・ブレーン・支援者がいることによって成長・発展できる可能性が高くなります。サポーターは、エントリー者の中から見込みがある方や事業を探しにきます。
入賞・優勝問わず、エントリー者のビジネスが成長する為の出会いがあります。

 

エントリー・スケジュール

エントリー・スケジュール

エントリー方法

エントリー受付は終了しました

エントリー費用

第一受付 6/1~6/25 5,400円(税込) 受付終了しました
第二受付 7/5~7/25 6,480円(税込) 受付終了しました
第三受付 8/1~8/25 8,640円(税込) 受付終了しました

第一受付 6/1~6/25
5,400円(税込) 受付終了しました
第二受付 7/5~7/25
6,480円(税込) 受付終了しました
第三受付 8/1~8/25
8,640円(税込) 受付終了しました

●チラシ掲載修正箇所
※第二受付のエントリー開始日は7月5日に変更になりました。
※第二受付のエントリー費用は6,480円(税込)に変更になりました。

アワード推薦DVDを同時にご注文の方は、通常価格よりDVDが割引がとなります。
●2016年ベストブレインウエルネスアワードDVD 
6,480円(税込) ※通常14,800円
●ビジネスモデルDVD 
5,400円(税込) ※通常10,800円
[→] ベストブレインウエルネスアワード関連商品

「エントリー費用」+「DVDの代金」をエントリー資料郵送の際に代金引換でお支払ください。

1. 第三受付でDVD2本付きをお申込みの場合
・エントリー費用 8,640円(税込)
・2016ベストブレインウエルネスアワードDVD 6,480円(税込)
・ビジネスモデルDVD 5,400円(税込)
合計 20,520円(税込)

2. 第三受付で「BBW2016DVD」1本付きをお申込みの場合
・エントリー費用 8,640円(税込)
・2016ベストブレインウエルネスアワードDVD 6,480円(税込)
合計 15,120円(税込)

3. 第三受付で「ビジネスモデルDVD」1本付きをお申込みの場合
・エントリー費用 8,640円(税込)
・ビジネスモデルDVD 5,400円(税込)
合計 14,040円(税込)

4. 第三受付でDVD購入なしのエントリーのみをお申込みの場合
・エントリー費用 8,640円(税込)
合計 8,640円(税込)

スケジュール

エントリー用紙提出

エントリーの際に下記2枚の書類を提出頂きます。

1.
ビジネスモデル記入用紙 【↓】

ダウンロード
 
2.
ビジネスモデル詳細記入用紙 【↓】

ダウンロード
 

※仮受付完了後、エントリー資料(CD-ROM)を郵送致します。
※指定フォーマットは上記からダウンロードしてもお使い頂けます。

提出方法

メール【info@be-brain.jp】に添付して提出お願いします。
タイトル名【ウエルネスアワード応募 ご自分の名前】 
※例:ウエルネスアワード応募 日本太郎

注意事項

応募された資料は原則的に公開情報となります。特別なノウハウや秘密事項については、あらかじめ法的保護を行うなど応募者自身の責任で対処してください。公開によるトラブルについて主催者は責任を負いません。
審査結果に対する個別のお問い合わせには一切お答えできません。
応募資格等に違反する事項があった場合には、失格又は受賞取消しとする場合があります。
提出していただいた応募用紙・資料等は、返却いたしません。
如何なる理由があってもエントリー費用の返金はできません。
一般観覧予約はこちらから
学生観覧予約はこちらから
 

審査委員

審査委員

私達が推薦致します(五十音順)

協賛

協賛について
 

関連商品

関連商品

2016年ベストブレインウエルネスアワードDVD

ベストブレインウエルネスアワード2016

■販売価格

・通常価格 14,800円(税込)
・エントリー特典価格 6,480円(税込)

■収録内容

ディスク枚数/本編DVD 3枚

■構成

・開会  
・溝口勇児氏講演会  
・ファイナル発表  
・協賛サポーター プレゼン  
・審査発表  
・1次審査通過者コメント映像(エンディング)

■主な内容

フィットネス業界初となる運動指導者の祭典、スピーチコンテスト!「第一回ベストブレインウエルネスアワード2016」の模様を一挙に収録!厳正なる審査を突破したファイナリスト7名による白熱の事業紹介プレゼンテーション、また株式会社FiNCの溝口勇児氏による特別講演など、内容盛り沢山。今年、エントリーを検討している方!このDVDを見てあなたのビジネスモデル作成の参考にして下さい。「健康未来を創る!」是非一人でも多くのエントリーをお待ちしています。

【サンプル動画】
※ この動画はウェブ用に画質を落としています。DVDでは高品質な映像をご覧いただけます。

運動指導者のためのビジネスモデルCreating

~シンプル・簡単・誰でもできる~運動指導者のためのビジネスモデルCreating-新しい事業をはじめる時に抑えたい9つのポイント-

■販売価格

・通常価格 10,800円(税込)
・エントリー特典価格 5,400円(税込)

■収録内容

ディスク枚数/本編DVD 1枚・資料CD-ROM 1枚(エントリー指定用紙付属)
収録時間/約45分

■構成

1.ビジネスモデルとは  
2.ビジネスモデル例  
3.ビジネスプランとビジネスモデル  
4.ビジネスキャンバスについて
5.ビジネスキャンバス構成要素
①顧客 
②提供価値 
③チャネル 
④顧客との関係性 
⑤価格と収入構造 
⑥経営資源 
⑦業務活動 
⑧提携先 
⑨費用構造
6.ビジネスキャンバス作成例  
7.最後に

■主な内容

皆さんが事業を始める際には自分自身の創造したビジネスをしっかりと 理解する為に抑えておきたいポイントというものがあります。今回は、それらのポイントを9つに絞り込み且つ、ひとつの紙に落とし込むという手法をご紹介します。この『ビジネスモデルキャンバス』を作成するとあなたのビジネスモデルを精査する事ができ、また既に行なっているビジネスのチェックリストとして活用できるといったメリットがあります。このDVDは、誰でも簡単に『ビジネスモデルキャンバス』を作成できるように表現をわかりやすくアレンジし、運動指導者の為の事例も収録しております。この『ビジネスモデルキャンパス』であなたの事業を紙に落としこんで、是非エントリーにチャレンジしてみてください。

【サンプル動画】
※ この動画はウェブ用に画質を落としています。DVDでは高品質な映像をご覧いただけます。
一般観覧予約はこちらから
学生観覧予約はこちらから
 

フォトギャラリー

フォトギャラリー

2016年ベストブレインウエルネスアワード開催風景

2016年11月23日に第一回ベストブレインウエルネスアワードが開催されました。

 

出場者の声

出場者の声

2016年 ファイナリストの声(五十音順)

  • 一般社団法人 国際細胞活性協会 代表理事
  • 小川 清貴
    Kiyotaka Ogawa
  • 【タイトル】
  • 最新運動理論で始める会員制ビジネス、まずは女性から
  • 何故エントリーをしようと思ったのか
  • 独自の運動理論により各種の効果を出せるようになったが、1.それをプロの運動指導者の基準で見た場合にどう評価されるのか?2.第三者の客観的な評価がほしかった。
    上記の理由で応募しました。
  • 出場した感想
  • 審査員、参加者も含め全く未知の運動指導者の世界を知ることができた。全国に知り合いができて、良いことばかりです。
  • 出場前と後の仕事の変化
  • 従来は自分のレベルも、やっていることの評価がわからなかったが、参加したことにより、第三者の評価が得られたのは大きな収穫であった。宣伝にもアワードでの成績などを使えています。
  • 出場前と後の気持ちの変化
  • 自分のやっていることに確信が持てた。自分の立ち位置が見え、動きやすくなった。今年は遠慮なく、どんどん海外にもアピールしていきますが、そのきっかけの一つがBestBrainWelnessAwordでした。今後は健康指導者の地位、給与の向上と健康寿命の延長に貢献していきたいです。
  • 結果についての感想
  • どのように評価されるか全くわからないままに参加しました。しかし、準優勝ということで非常に嬉しかったです。ほかの応募者と違い、技術の提案であったので全く基準が違う提案を評価しなければならなかったと思います。ですから審査員は評価に苦労されたのではないでしょうか?その点は申し訳ないと思いました。出席者、審査員そして主催者の皆さんに会えたことは私にとって非常に有意義な経験でした。主催者の梅村社長には心からお礼を言いたいです。いつか御恩をお返ししたいと考えております。
  • 一般社団法人 日本ランニングファシリテータ―協会 代表理事
  • 木村 克己
    Katsumi Kimura
  • 【タイトル】
  • 日本一の講師を産み出す講座ビジネスと、社会的なリーダーとして活躍する仕組化した協会ビジネスモデル
  • 何故エントリーをしようと思ったのか
  • 私達がこれから行う活動は、これからの時代に必要なことには間違いないが、今までにないモノを、代表者である私が、どれだけ世間の人達に思いと情熱を届けることが出来るのかを知るためのチャレンジ。
  • 出場した感想
  • 様々な視点や価値観があることを改めて実感。 一応、入賞はさせて頂き、ホッとした部分と、審査員の方等との対話や評価を受け、余計にやらなければならない理由が大きくなり火が付きました!
  • 出場前と後の仕事の変化
  • 出場前と比べて、このイベントで入賞させて頂いたことを箔とさせて頂き、ブランディング効果があったことを感じます。
  • 出場前と後の気持ちの変化
  • 同じ健康業界であっても、その捉え方は様々で、他と比較出来ることで、私達がやるべきポジションが明瞭になり、使命感がより大きくなったのは有り難い経験だったと思っております。
  • 結果についての感想
  • 入賞は最低限ですが、ホッとして良かったと思います。熱意は伝わるが、他者にしっかりイメージを伝えられていない至らない結果なので、そのまま受け取っています。参加して良かったです。
  • 株式会社Lime 代表取締役社長
  • 斉藤 隼生
    Hayaki Saito
  • 【タイトル】
  • フィットネスで働き方を変える"コネクト"
  • 何故エントリーをしようと思ったのか
  • フィットネス業界で実践を作りたかったから。また実力試しをしたかったからです。
  • 出場した感想
  • 私を含め運動指導者はまだまだ、ビジネスパーソンとしてのレベルが他の業界と比較して低いと感じました。 今年、第2回目のウェルネスアワードでは前回をよりレベルの高い方々が参加してくると思うので楽しみです。
  • 出場前と後の仕事の変化
  • フィットネス業界内にいてはイノベーションを起こせないと感じ、IT業界に更に積極的に参入し、そこで奮闘してます。 これからも世の中を変えていくITとフィットネスの知見をかけ合わせてイノベーションを起こせるように努めます。
  • 出場前と後の気持ちの変化
  • 優勝した原田さんは殆ど年が変わらないのに、圧倒的な実力があり、業界内にも新たな目標が出来ました。
  • 結果についての感想
  • 悔しいです。ファイナリストや審査員賞でなく、優勝しなければ意味が無いので今年は必ず優勝します。
  • 株式会社T-STYLE
  • 徳山 いつ子
    Itsuko Tokuyama
  • 【タイトル】
  • 笑顔と元気の愛情ビーム~個性を活かした新事業~
  • 何故エントリーをしようと思ったのか
  • ちょうどビジネスとして新事業を行っていきたいというタイミングでしたので、見た瞬間にエントリーして、学びを得たいと思いました。 BBWは「1歩を踏み出さなければ、何も変わらない!」と感じることができる、突き動かされる企画でした。
  • 出場した感想
  • BBWの準備を進めていく中で、自分に何が足りなくて、今後何が必要なのかが明確になりました。BBWに出場し、自分で作成したビジネスプランを、スペシャリストの方に評価していただけたことは、財産です。人前で伝えることと伝わることの違い、このビジネスが実現可能かどうか、社会的価値があるか等々…、あの場でプレゼンをしてみて再確認できました。
    また、他の方のプレゼン内容を聞かせていただけた事が、更に自分の肥やしになりました。お互いを高め合う為の評価の場。自分があの場に立たせていただけたことが本当に有難かったです。
  • 出場前と後の仕事の変化
  • 出場前は、運動指導は個人事業、農家は家族経営、農協全量出荷でやってきました。出場を機に、方向性が明確になり、やるべきことを1つ1つこなし、4月に『株式会社えがおファクトリー』を立ち上げました。 運動も新事業を行い、農業も請負から直接販売へ!運動と栄養で健康2倍の取り組み、オリジナリティー溢れる他にはないものを、全国、世界を視野に入れながら発信しています。
  • 出場前と後の気持ちの変化
  • ビジネス界のトップの方々を前にプレゼンをさせていただけたことで、ビジネスプランが、決意表明に変わりました。絶対やってやる!という気持ちになれました。
  • 結果についての感想
  • 審査員賞をいただけたことや、3位入賞したことで覚悟が決まりました。BBWは、そこがゴールではなくスタート地点。結果が良くても、そこから実際にカタチにしなければ、何の意味もないのだと思います。 1年後、3年後、5年後、10年後を見据えて、しっかりとカタチにできるよう取り組んでまいります。
  • 株式会社アスピレスト 代表取締役社長
  • 原田 光
    Hikaru Harada
  • 【タイトル】
  • 空白の十年とフィットネスの関わり方
  • 何故エントリーをしようと思ったのか
  • 溝口社長に会えるから
  • 出場した感想
  • プレゼンの資料作りや、プレゼンの実力アップにとても繋がった。トレーナーの苦手なITスキルやプレゼン力を磨く為にとても良い機会だと思う。
  • 出場前と後の仕事の変化
  • FiNCのグループ会社になり、大きく業績を伸ばす事が出来ている。
  • 出場前と後の気持ちの変化
  • 気持ちは変わらないです。常に上を目指しています。
  • 結果についての感想
  • 優勝出来たので、大変嬉しいです!ブレインアワードで優勝したおかげで業績が伸びたと胸を張って言えるような結果を残していきたいです。
  • 一般社団法人 親子支援ネットワーク協会 代表理事
  • 山崎 猛
    Takeshi Yamazaki
  • 【タイトル】
  • フィットネスと社会貢献
  • 何故エントリーをしようと思ったのか
  • エントリーを決めたきっかけは「現状を変えたい」という強い気持ちがあり、その時にFacebookにてベストブレインウェルネスアワードを知りました。
  • 出場した感想
  • 出場した感想は、まず驚いたことは全国には凄い人が沢山いるなということでした。考え方、行動力、人柄など…最初の書類選考に通過したが、実際にその人達を前にしたとき正直脚がすくみました。 自分の用意したものが通用するのかと!
  • 出場前と後の仕事の変化
  • 出場前と何が変わったかというと、今までやってきたことがブラッシュアップされたこと!これにつきます。目に見えないサービスをどう知ってもらえるかで、きちんと収益事業に変われるということでした。 現在はその準備をしています。
  • 出場前と後の気持ちの変化
  • 気持ちの変化に関しては、事前に資料を作ったりプレゼンの練習をなど仕事をしながらだったので正直大変で、本当にこれでいいのか…不安でいっぱいでした。 しかし、苦労したぶんだけ幸福が訪れ、「時間がかかるが必ず成功する」という信念は強くなりました。
  • 結果についての感想
  • 結果については、仕方ないことだと思っています。何が足りないんだろうと最初は気づきませんでしたが、今では感謝しています。ランキング5位でしたが、課題を克服して頑張りたいと思います。

2016年 1次審査通過者の声(五十音順) ※順次発表していきます

  • Caricia Neo
  • 狩野 順子
    Junko Kano
  • 【タイトル】
  • 心とカラダに寄り添えるプログラム アロマとフィットネス相乗効果でわたし改善
  • 何故エントリーをしようと思ったのか
  • 自分が行なっていきたいものをどのように形にできるのか模索中でした。その時に、「チャレンジしてみてはどうか?」と、このイベントについて教えてもらい「私でもできるかな?どのようなレベルなのだろうか?賞金?!頂けたらなお嬉しい(笑)」と怖いもの見たさ、自分の現状よりも興味本位、チャレンジ精神でエントリーしてみました。
  • 出場した感想
  • 思いがけず1次審査に通過し、励まされたような嬉しさの反面、「どうしよう」という気持ちの方が大きかったです。それは本当のところ、まだ自分に迷いがあったからです。 2次審査に向け、初めてパワーポイントの作成をしました。何をどのように伝えたら良いのか、「ビジネスとして」どのくらい利益を上げられるのか何ができるのかとても考える時間になりました。 今の私は「できない」、でも未来の私は「できること」と思考を変えることができまとめていきました。しかし、内容は「発表の為」に考えたモデルでした。 その為2次審査前日の発表練習で「自分自身に腑に落ちていない」「自分のものになっていない」ことに気づいたこと、周りの方々の様々な実践経験に基づいたプレゼンテーション、まとめ方に愕然としたものでしたがそれが学びでもあり本番前夜、再度資料を作り直し当日を迎えられました。 2次審査では、お互いに審査をしあう中、自身が未熟すぎて審査基準には最後まで迷いながらも、不思議と出場者への応援者にもなっていました。 皆がお互いに受け入れる心で耳を傾けてくれたことから得た感動と仲間の目指すことへのすばらしさ、考えの深さ、熱さに触れ、帰るときの自分は、何かが変わっていました。 最終審査では、よりまとめ上げてきたファイナリストのプレゼンテーションからも、自身の構築の仕方に甘さを目の当たりにさせられながら、感動仕切りでした。
  • 出場前と後の仕事の変化
  • ちょうど、サロンオープンに向け準備をしていた時期でした。それなのに、自分の課題は解消されていませんでした。しかし、このコンテストで多くの方の考え方に触れたことで、答えが出てしまったのです。 発信していく対象者、内容が明確になりました
  • 出場前と後の気持ちの変化
  • 仲間ができました。応援したいと思う仲間ができました。見える範囲、見ていく範囲が変わりました。
  • 結果についての感想
  • 私にとってはチャレンジしたことが賞金に値するほどのものでした。「このレベルで出場してしまったことは恥ずかしいこと」だったのかもしれませんが、 時間が経つにつれ気持ちにも、その後に繋がるご縁にも大きな変化が生まれています。「気になる」そのアンテナに触れた瞬間、直感を信じ一歩を踏み出せたこと、ラッキーでした。
    最後に
    周りのインストラクター仲間の夢や活動を伺っていると、「技術者が経営を学ぶと強くなる」ことを、ついついおせっかいに話してしまいます。 私のように「迷い」があってもチャレンジすることで、頭の中を整理することができ、物事が加速することもあるものだと実感しました ありがとうございました。
  • 川谷 響
    Hibiki Kawatani
  • 【タイトル】
  • Personal Train System~運動指導者を“繋ぐ”業務サポート型Webシステム~
  • 何故エントリーをしようと思ったのか
  • フィットネスの業界で事業を起こすことに興味があり、アイデア段階ではあるが自分のビジネスモデルが客観的にどのように評価されるかを試してみたかったからです。
  • 出場した感想
  • 指導者としてだけでなく、事業者としてご活躍される多くの方からの考えやご意見を賜ることができたのが最も貴重だったと思います。 今後のフィットネス業界をどのように捉え、どう事業を起こしていくのか? そしてどう経済を回していくのかという様々な知見を拝聴することができ、いい意味で自分のビジネスモデルの甘さに気づき、新たなアイデアを考えるきっかけになりました。
  • 出場前と後の仕事の変化
  • 出場当時、自分は大学生でしたが、現在そこで得た経験を糧に様々な場所で活動の幅が広がりました。 実施に、その時エントリーしたメンバーの方と事業の参画にかかわらせていただき、本格的なビジネスに向けて取り掛かっているところです。
  • 出場前と後の気持ちの変化
  • 出場して、事業の難しさや持つべき課題意識を改めて再考したと同時に、より良いビジネスモデルを構築するための考え方や捉え方ができるようになったと感じます。
  • 結果についての感想
  • ファイナリストに残ることはできませんでしたが、予選を通してこれまで会うことがなかった事業者の方々と繋がることができ、その方々の思考を垣間見ることができたのでとても満足しています。ですが、自分の現状に満足することなく、次回はより革新的で実現性のあるビジネスモデルを構築してリベンジしたいと思います!
  • Chalco天理
  • 神田 和彦
    Kazuhiko Kanda
  • 【タイトル】
  • 超地域密着型 総合型地域スポーツクラブ 構想
  • 何故エントリーをしようと思ったのか
  • そもそもビジネスコンテストというものに、普段からアンテナを立てておりました。 なぜか、フィットネスという限られた空間では限界があり、一般社会業界の人間と渡り合わなければ、先がないと考えていたからです。 運動に従事するものは、他業種との連携はいくらでもできます。 つまり、ビジネスコンテストにエントリーすることは、自分を他業種に売り込む宣伝営業にもなるからです。 ゆえに、エントリーする経緯に至りました。
  • 出場した感想
  • 一言でいいますと、本当に出場してよかったです。 自分にない価値観、考え方があの短い期間で得ることができたと思います。 特にセミファイナルの選考では、1回目に己の事業を発表する機会があり、その後に修正する時間がありました。あの修正の時間が、一番充実していたように思えます。
  • 出場前と後の仕事の変化
  • 仕事のできる幅が確実に広がります。 私はビジネスにおいて、どんなにいいアイデア・どんなにいい考え方があっても成功しなければ、ただの空想・絵空事で終わってしまいます。 ビジネスにおいて、成功しないタイミングのときは、発想力・行動力・人脈・人間力のいずれかが不足しているためであると考えます。 やりたい事業が神田にはいっぱいあります。 しかし、なかなか前に進まないことが多々あります。 しかし、BBWに出場後、急激に動き出しました。 できないことが、できる?ようになります。 BBWにはこの魔法があると考えます。
  • 出場前と後の気持ちの変化
  • 基本、活動において攻めの姿勢を大事にしているつもりです。 出場後、攻めの姿勢がもっと荒々しくなったように思えます。 ただむやみやたらに荒々しく仕事をするのではなく、己の事業へ対する貪欲性が増した感じです。
  • 結果についての感想
  • 結果ついては非常に悔しいです。なぜ、ファイナルに残れなかったのか。 起きた事実として、なぜ落選したのかの検証はもちろん致しましたが、結果に対してのanswerは不本意・悔しいしかありません。
  • 今野 恭子
    Kyoko Konno
  • 【タイトル】
  • Re BODY~自転車で日本を元気に~
  • 何故エントリーをしようと思ったのか
  • 新しい事への挑戦と自分の頭の中で想像上の事業を具体化するきっかけにしようと思ったから。
  • 出場した感想
  • 現実の厳しさを知ることができた。 他参加者の事業内容をしっかり聞くことができた。
  • 出場前と後の仕事の変化
  • 自分のそれまでやっていた事業を進める以外に、できる限りその先の事業へ近づけていこう新しい事を始めた。
  • 出場前と後の気持ちの変化
  • 気合いと意気込みだけでは作り出せない「利益を生むシステム」が必要なのだと思った。 頭を使わなければいけないことを思い知った。 毎日模索しています。
  • 結果についての感想
  • 一次通過したことが信じられませんでした。嬉しかったです。 しかし1位2位のプランは自分では考えもつかないような内容で、良い意味でショックでした。素晴らしいと思った。
  • 株式会社sci
  • 杉浦 哲功
    Tetsunori Sugiura
  • 【タイトル】
  • 未来を創る思想トレーナー4.0
  • 何故エントリーをしようと思ったのか
  • 元々、ビジネスコンテストと言うものにとても興味があった中、今回のこのお話を頂けたので良い機会だと思い参加させて頂きました。 知人である、神田さんからの紹介と言うものが大きかったと思います。
  • 出場した感想
  • 雰囲気に飲まれてしまって素が出せなかったのですが、それもまだまだ自分の実力だと思い精進しようと思います。
  • 出場前と後の仕事の変化
  • 仕事に関しては、以前より任せて貰える御仕事の量と質が少しずつ上がってきたのかな!?と感じます!まだまだわかりませんが。
  • 出場前と後の気持ちの変化
  • まだまだ全国には自分が知らないだけで同年代でも凄い人はいっぱいいるんだなーと思った反面、自分も早く、追い付き、追い越そうと精進しなければと思いました。
  • 結果についての感想
  • 妥当だと思います! いくら、実現可能性や、社会に良いものをもたらしたとしてもその人の人柄や魅力がなければ応援したいと思わないですし、 社会的な結果を求める前に、自分の周りからしっかり信頼されて与えて貰った事に対し、小さくても良いからしっかり結果を出していく事が大事だと感じました。
  • 中村 俊子
    Toshiko Nakamura
  • 【タイトル】
  • 奇跡の機能性素材プロテオグリカンで元気に美しく!
  • 何故エントリーをしようと思ったのか
  • 私は、ビジネスセミナーを受けて合宿に参加したものの…自分のやりたいことをまとめられず、迷走していました。 ずっと教室やサークル運営をしてきましたが、自分のビジネスモデルを立てることで、形にできれば良いなと思ってエントリーしました。
  • 出場した感想
  • ビジネスプランの立て方がわからず、途方に暮れました。今思うと…無謀な挑戦でした。 ・ビジネス用語がわからない ・何を意味しているのかわからない ・パソコン操作がわからない エントリーして提出するだけ…だと思っていたので、予選を通過して本当に驚きました。 実際は、2次審査までが本当に苦悩の毎日。 プレゼンの為に様々な調べものをし、パワーポイントにまとめ、 発表の練習をする…未知の世界に無我夢中で取り組みました。その期間、考えて考えて考えました。
  • 出場前と後の仕事の変化
  • 漠然と教室運営をしていましたが、『事業』として捉えられるようになりました。 苦手だった物販も、今では業務の一部となり、教室の生徒さんからも多数注文を受けるようになりました。 今までは、物販は全く考えていませんでしたし、向いてないと思っていました。 でも、一度『販売している人』と思ってもらうと生徒さんから○○が欲しいけど、 先生扱っていませんか?とリクエストがあるくらいになりました。これは、大きな変化です。 向いてないと思っていた物販が楽しくなって、結果にもつながってきています。
  • 出場前と後の気持ちの変化
  • 2次審査前に追い込み過ぎた為と、本戦を見届けた後に…あまりに自分のビジネスモデルが脆弱な為、他の皆さんのビジネスモデルのプレゼンを拝見して、燃え尽き症候群に落ち入りました。 そこで見えてきたのは、今まで何年も悩んできて越えられなかった自分の弱さでした。 見てみないふりして都合良く避けてきた臆病な自分…わかりたくなかったけど、まぎれもない事実でした。 新しいこと、改革するには 勇気が… 覚悟が… これだけやったから大丈夫という自信が… 必要です。 それが、このベストブレインでわかったのが大きな収穫です。
  • 結果についての感想
  • コンテストの結果は、あの時点での経過に過ぎません。 賞をもらうことより、自分の提供したい相手が幸せになって、お金が入ることに価値があります。 私は、最も苦手としていた物販でビジネスモデルを立てました。 青森県から生まれた奇跡の機能性素材プロテオグリカン入りプロテインの商品開発、販売です。 50代の女性が青森の素材で、しなやかな関節でツヤツヤの美人のまま、 元気にフィットネスを続けられる商品を販売していきたいと思っています。 悩み、苦しみ、嘆き…様々なことがありましたが、エントリーしていなければ今の自分はまだ、悩み続けていたでしょう… 挑戦してみないと見られない世界があると思います。 私は、これからが楽しみでワクワクしています。 ぜひ、エントリーしてみてください
  • ストロビクス
  • 服部 彩香
    Toshiko Nakamura
  • 【タイトル】
  • ストロー一本で顔が10歳若返る!ストロビクス
  • 何故エントリーをしようと思ったのか
  • 私が考案したお顔のエクササイズ・ストロビクスを広めていきたいと思ったから。
  • 出場した感想
  • 他の出場者の方と一緒にビジネスプランを考えたり、ビジネスプランも聞けて参考になった。 情熱をもって自分のビジネスに取り組んでいる方を見てモチベーションがあがりました。 視野がひろがりました。
  • 出場前と後の仕事の変化
  • 自分のビジネスをよく考える機会でもあったので思いや仕事のことを整理できてスッキリしました。 コンテストの翌日には、同じコンテスト出場者からの紹介でTV番組に出演しました。 また、プレゼンの時、アジアに進出するといったのですが、1週間後に美容大国韓国の人気テレビ番組からオファーがありました。 1か月後には、韓国に収録にいきました。その番組では日本人出演は初めてでした。 「顔の若返り専門家」として紹介されました。 みんなの前で自分の思いを発表するというのは引き寄せの力が働くと確信しました。
  • 出場前と後の気持ちの変化
  • こういう機会は、自分のスキルや好きなこと、仕事をビジネスにしたいと思っている人には、絶対ひつようだと思いました。
  • 結果についての感想
  • 大きく分けて、スキル系とシステム系があったと思うのですが、それぞれの分野でベスト3を決めるといいなと思いました。 入賞した人の活動報告もあればいいと思います。
  • こどもとダンスの教室KOOKies 代表
  • 松村 潤
    Megumi Matsumura
  • 【タイトル】
  • ストリートダンスが日本を強くする
  • 何故エントリーをしようと思ったのか
  • 街外れの無名の経験年数の低いインストラクターである自分には全く無関係の行事だと思っていました。 目の前にある大切な人たちに対する想いや情熱には自負がありましたが、それを人に話すことにも究極の抵抗がありました。 エントリーするまでに様々な葛藤がありましたが、なぜエントリーするに至ったのか。。。 今思い返すと、そんな自分をどこかで払拭して、ちゃんと現実に向かって進み出したかったのかもしれません。
  • 出場した感想
  • 一言で言うと、場違いも甚だしい、という感覚でした。 ルーティン化された活動やイレギュラーな任務などに追われ、 じっくりと自分の夢に向き合う時間が後回しになってしまっていた日々なので、強制的にそのための時間を作る大切さに気づけたことは本当に良かったと思っています。 文字にして、言葉にして、人前で話すことで、まだ語れない自分自身の中にある奥深い想いにも気づくことができました。 自分の中にあるイメージを全部吐き出して整理し、客観視できるとても良い機会でした。 なんのために・誰のために・本当の幸せって・本当の発展って・誰が成長するのか・誰が喜ぶのか・そのために本当に必要なことは何なのか。具体的に自分自身の頭の中、心の中、過去現在未来を掘り起こしていく地道で苦しい作業が、すべて現実へと繋がるのだと感じました。
  • 出場前と後の仕事の変化
  • 考えること・調べること・学ぶこと・会う人・出向く場所などなどが変わり、「やること」がすごく増えました。 「やること」は「やりたいこと」であり「必要なこと」。 「必要なこと」は特別難しい事ではなく、「個人事業」ということを謙虚に捉え、真摯に受け止め、意識を高く持ち、目指すことに妥協しないのなら身につけることは当たり前のことだと。 ふと気づくと、お仕事の相談や一緒にお仕事する相手の方のほとんどが他業種の代表取締役さんであったり。 無名のいちインストラクターの話に手を差し伸べてくださる方々と出会えることに驚くことがしばしばあります。 そんな現状にまだなかなか馴染んでいけませんが、とても貴重な環境に変わりつつあることに心から感謝しています。
  • 出場前と後の気持ちの変化
  • エントリーするまでは、夢を人に評価され誰かと比べられる恐怖と嫌悪感でいっぱいでした。 けれど、二次審査の時にはその嫌悪感や恐怖は全くなくなっていました。 「健康」をテーマに、自分と同じように、自分を超える熱い思いを持つ、情熱もキャリアも素晴らしい方々と出会えた喜びでいっぱいに変わっていました。 想いや情熱は、然るべき形に変化させて、然るべき人に伝わるように伝えていくことで、目の前にある大切な人たちにきちんと還元できるんだ、と考えるようになりました。 そして形に変化させるために必要なことは、安易に届く身の回りの範囲にはなく、限界の、さらに向こう側にある、と思うようになりました。
  • 結果についての感想
  • 自身の結果については、予選を通過した時点で、身にあまりすぎる結果です。なかなか信じられません。 同じように予選通過された方々のプレゼンも内容は、私にとっては雲の上のようなものばかりで、みなさんそれぞれの強みをフルに活かされていて、ただただ感嘆のため息をつくのみで、 居心地の悪さが高まったのも事実ですが(笑)非常に刺激的な経験でした。 ファイナル観覧の時には7名を心から応援している自分がいました。 みなさんの結果について、私が進言することは何もありません。 ただ、「健康」に携わるお仕事をしていることは人を幸せにできる手段を持っているということなので、自分自身がもっと発展していけば幸せにできる人はもっともっと増えるということです。 逆を言うと、健康に携わるお仕事している方々が発展・成長し続けないと周りの笑顔はどんどん消えていくということです。 発展・成長のためには先見性を持って、一社会人として知識を身につけ、幅広く世間を見渡すこと。 またその努力をし続け怠らないことだと思います。 「こんなこと人に話しても…」「まだまだ自分は…」など自分の視野の狭さで自分を評価することがそもそも愚かなことで、 経験や年齢にかかわらず、強い想いを持って取り組んでいる仕事、夢を叶えたい熱い想いは、人の目にさらされることで一気に現実味を帯びていきます。 仕事の大小、夢の大小ではなく、想いの熱さと強さ。 本気でやりたいことがあるのなら、ためらっている時間が勿体ない。 時間は二度と再生できない大切な資源。 勿体ない時間をたくさん費やしてしまった私だからこそ、自戒を込めて言えます。 思わず涙してしまうほど強く熱い想いを持って日々活動している運動指導者は、この予選を通過した16名だけではないのは確かです。 その想いをきちんと光の当たる場へ出してあげて、たくさん芽吹かせることができる人たちが集まったことが、今回の結果だと思いました。
  • 株式会社ライフフィット 代表
  • 和田 千恵子
    Thieko Wada
  • 【タイトル】
  • アクティブテン®で昼活フィットネス
  • 何故エントリーをしようと思ったのか
  • 梅村社長のフェイスブックに「いいね」を押したのがきっかけで、背中を押していただきました。 DVDを見て勉強するのもありかなと気軽な気持ちでエントリーしました。
  • 出場した感想
  • ここに参加しなければ出会えない方々とお話ができたことが一番大きいです。 ビジネスプランを焦点を絞って伝える貴重な経験でした。
  • 出場前と後の仕事の変化
  • 協賛されていた業者の方とコラボ企画できました。 自分にない技術や考え方の企業さまと連携することができました。
  • 出場前と後の気持ちの変化
  • 皆さんのビジョンやプレゼンテーションに刺激を受け、モチベーションが上がりました。 その後のフェイスブックでの皆さんの活動を知ることで、疲れを感じるときも励まされます。
  • 結果についての感想
  • まだ過程でのプレゼンテーションでしたので、数字など具体的なことが示せませんでした。 2次選考で発表者に選ばれなかったことの結果を素直に受け止め、企業の健康経営にお役にてる富山オンリーワン企業を目指します。
一般観覧予約はこちらから
学生観覧予約はこちらから
PAGE TOP ▲